September 17, 2017

小千谷の旅 外之沢の棚田再訪

2017年9月16日(土)

約1か月ぶりに外之沢を訪れた。
そろそろ稲も実り、黄色く色づいた棚田が見られるかなと思ったからだ。

国道117号線を十日町に向かって走っていると、両側の田んぼでは稲刈りが
始まっていた。
台風が近づいている事もあってか、かなり稲刈りが進んでいる感じがした。
まさか、棚田も稲刈りが終わっていないだろうなと思いながら、外之沢へ向かう。

誰もいない展望台から棚田を見ると、やはり稲刈りは始まっていた。ただ、
稲刈りが済んだ場所はまだ僅かで少しほっとした。

次は春先に水を張った頃に来てみたい。

Imgp7986


Imgp8028


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2017

小千谷の旅 郡殿の池

郡殿の池(こおりどののいけ)は、吉谷地区の山奥にある0.7haの池である。
大小の浮島があり、トンボの種類が多いことで有名。
http://www.city.ojiya.niigata.jp/soshiki/shogai/kooridononoike.html

小千谷市街地から県道49号線を池ヶ原方面に走り、吉谷地内入ると標識が見られる。
標識に従って49号線から右に入り、山間の道を走ると駐車場に到着する。駐車場から1分も歩くと池に到着する。


P8148793

Imgp7595

Imgp7571

また、この池にまつわる伝説も残されている。
http://www.ojiyajc.org/densetsu/den_koori.php
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/shinanogawa_info/qamini/minwa/03.html

市・県の指定文化財及び県の自然環境保全地域に指定されている。

久しぶりに訪れたこの日は曇り空の生憎の天候。池には誰一人いなかった。
池の縁や浮島には終わりかけのコオニユリが見られたものの、天候のせいかトンボはあまり見かけることは
なかった。

池の縁の案内看板は昭和54年のものなので、現在もここに書かれているトンボがいるのかどうか、興味
あるところである。
Imgp7619

帰り道、道路の脇に棚田が見えたので、車を止め、見晴らせる場所まであぜ道を少しあるいてみた。そこには、
小規模ながら、綺麗な棚田も広がっていて何となく得をした気分であった。

Imgp7629


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2016

ダム探訪(三面ダム、奥三面ダム)

1年ぶりに朝日スーパー林道へドライブ。

昨年も11月3日に訪れ、紅葉を楽しんだ。(朝日スーパーライン、二子島の紅葉)
今回の目的は紅葉でなく、三面ダムと奥三面ダム。

11:30頃スーパー林道に入る。思ったより天気は良さそう。紅葉も見頃である。
 しかし、この林道は道幅が狭く、カーブも多いため、道路上に車を止めて撮影する
のは気が引ける。すれ違いのために少し広くなっている場所もあるのだが、そう
いう場所は見晴らしが悪い。
 仕方なく、見晴らしの良いところを横目で眺めながら車を進める。途中、いくつかの
橋がある。これらの橋は比較的新しく、幅も広い。もちろん、眺めも良いので、かろう
じて、橋の上から少し写真を撮ることができた。

Pb031071

Pb031072

Pb031079

 やがて、目的地の一つ、奥三面ダムに到着。このダムは県内で唯一のアーチ式ダム。
ゆっくり眺めたいと思ったのもつかの間、雨が次第に激しくなってきた。土日、祝日は
ダムカードの配布をしていないので、証拠の写真を撮り、来た道を引き返す。

Pb031085

 雨が激しくなり、ひたすら次の目的地、三面ダムを目指す。5km程走った頃、雨も
小降りになり、雲の間から日が差してきた。
 ふと右側を見ると、紅葉の山に虹が綺麗にかかっている。太陽を見ると、もうすぐ
雲に入りそう。しかし車を止められる広さではない。少し走って何とか車を止めるが、
周囲に見晴らしの良い場所はない。カメラを片手に、走り回り、ようやく木の間から
山と虹が見える場所を発見。何とかカメラに収めることができた。

Pb031104


Pb031101b

 その後、三面ダムを訪れ、ダムカードをゲット。(三面ダムと奥三面ダムの2枚)
無事目的を果たし、帰路についた。


Pb031106


Dscf8042


Dscf8039

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2015

芹沢高原ハーバルパーク

阿賀町にある芹沢高原ハーバルパークに行ってきた。

お目当てはラベンダー。
時期的には少し早いのは知っていたが、ちょうど良い頃に行ける保障がないので、
行けるときにと出かけてきた。

ラベンダーは少し早かったが、十分楽しめた。ポピーは見頃を過ぎ、アジサイは
見頃といったところだった。

Dscf5861

Imgp0763

Imgp0750b

20150620_19_20_49


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2015

二宮家のバラ園散策

自然ではありませんが・・・・。

聖籠町にある二宮家のバラ園を訪れました。
このバラ園および二宮家については、http://ninomiyake.com/をご覧ください。

開園時刻の10時ちょっと過ぎに到着。すでに駐車場は満車一歩手前。
バラの見頃は少し過ぎていましたが、バラ以外にも様々な花が咲き誇って
おり、米倉の壁にはりめぐらされたバラや花の背景の土蔵など、旧家の日本家屋と
洋風な花がマッチした不思議な空間を楽しむことができました。

思いつきで訪れたため、戻ってきた後調べると様々な見所があることがわかり、
再度訪れてみたくなりました。もっとも、今年の開園は6月25日(日)まで。
予定と照らし合わせると、行けるのは来年になりそうですが・・・・・・。

Dscf5808
米倉の壁を飾るバラ

Dscf5812


Dscf5827


Dscf5829
敷地内には蔵が点在。残念ながら、中を見ることはできません。

Dscf5834
今年はピーターラビットコーナーができたそうで、こんなものも置いてありました。


Dscf5823
花が咲いていると、つい虫を探してしまいます。ミツバチやクマバチなどの
おなじみさんの他、アカスジカメムシが結構いました。

Dscf5842
2本見える竹は「亀甲竹(キッコウチク)」という竹で、日本庭園内で見ることがで
きます。孟宗竹の突然変異だそうです。


Dscf5817


Dscf5851
日本庭園の眺め。奥の池は弁天潟。この弁天潟も二宮家の私有地だった
とのこと。


Dscf5854
日本庭園に置かれている苔むした岩。歴史を感じさせられます。後で
気付いたのですが、奥の岩は人の顔に見えますね・・・・(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2014

ゴールドパーク鳴海(鳴海金山)

村上市にあるゴールドパーク鳴海(鳴海金山)に行ってきました。

鳴海金山は807年に発見され、最盛期には全国の採金量の1/3を産出されたと
言われています。

平成5年から一般公開され、現在は日曜日のみ公開されています。

見学できるのは黄金坑と大切坑の二つです。金山入り口から遊歩道を15分ほど下
ると黄金坑が、さらに5分ほど下ると大切坑があります。

村上駅から朝日スーパーライン経由で約2時間、高根集落から平床林道経由で
1時間20分くらいです。景色が良いのはスーパーライン、時間が短く道路も比較
的良いのは平床林道です。
また、平床林道の途中から滝(鈴ヶ滝)へ行く林道も分かれていますので、滝を
見て、金山を見るというコースも可能です。
ただし、どちらの道も事前に村上市のWebページで通行可能かどうか確認した方
が良いでしょう。


Dscf4840
黄金坑入り口です。


Dscf4849
黄金坑の中にある大千畳坑。奥行き40数m、高さ10数mの大空間です。


Dscf4853
大切坑入り口。


20140914184601597

20140914184602173
大切坑内部。狭い坑道が多く、後半はほとんどかがんで通りました。
坑内の表示板に「ヘルメットを着用・・・」と書いてありますが、入り口
で係の方が、「必ず頭をぶつけるから、これをかぶって」とヘルメット
を貸してくれます。私もしっかりと頭をぶつけました。


Dscf4856
金山入り口までの遊歩道の様子です。しっかりした
履き物が必用です。杖代わりの木の枝も用意されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2014

五十公野 あやめまつり

五十公野公園のあやめまつりが今年も始まています。
期間は6月14日(土)~6月30日(月)、300品種・60万本が見られるということで、
今年も21日(土)に行ってきました。

 8分咲きということで、ちょうど見頃だったようです。曇りで時々薄日がさすという
天候。翌日曜日が雨だったので、ちょうど良い日に行けました。

 早朝に出かけたので、訪れている人はほとんど撮影目的の人。昼はかなり混雑
したと思われます。

いくつかの品種を写真でご覧ください。

【会場】
Dscf4229


【牛若丸】
Dscf4178

【十三夜】
Dscf4184

【新世の輝】
Dscf4140

【朝神楽】
Dscf4165

【長生殿】
Dscf4180

【郭公鳥】
Dscf4191

【湖水の色】
Dscf4204

【江戸錦】
Dscf4175

【紅梅の薫】
Dscf4212

【七小町】
Dscf4223

【小町娘】
Dscf4122

一見同じように見えても違う品種もあり、どれを撮ったかすっかり忘れ、
しかも、同じ品種が数カ所に分かれて植えられているため、後で見ると
結構同じ品種を何度も撮影したりしていました・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2012

妙高高原へ

妙高高原へ行ってきました。
宿泊はお気に入りの宿。こぢんまりとして料理のおいしい宿。
貸し切り専用の露天風呂があり、蚊と格闘しながらの入浴でした。
(前回は、アブとの格闘でした。)
P9010121


今回の目的は、早朝の妙高山といもり池。朝6時判頃、宿を出ていもり池に。
山頂付近に雲がかかり気味でしたが、きれな姿を見ることができました。
風もほとんどなく、いもり池の水面に映る妙高山の山頂を撮影することも
できました。

P9020126


1時間して帰ろうと太陽の方を見ると、なんと彩雲が・・・・。思わぬ収穫でした。
Imgp9910

Imgp9914


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2011

苗名滝

Imgp8581_2

久しぶりに妙高にある苗名滝に行ってきました。この滝は
新潟県と長野県の県境、関川にかかる滝です。
地震滝とも呼ばれ、高さ55m、柱状節理をもつ玄武岩壁
から流れ落ちる見事な滝です。

1995年7月の大洪水で遊歩道がすべて流されましたが、
その後の復旧工事で川の反対側に遊歩道が整備され、
駐車場から15分ほどで行くことができます。

今日(10月16日)は天気もいま一つで紅葉にも少し早かっ
たのですが、流量は十分あり、迫力満点の滝を満喫して
きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2011

雪灯ろう

P212002901
P2120031

五泉市村松の虚空蔵尊祭礼に行ってきた。この祭礼に併せて雪灯ろうが設置されていた。
雪で作られた灯ろうの中で燃えるロウソクの明かりが雪を通してとても綺麗だった。最近は
ロウソクの明かりを見ることが珍しくなったが、たまにはロウソクの明かりを眺めるのも良い
ものだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

旅行・地域 | 理科 | 自然 | 趣味