« July 2017 | Main | September 2017 »

August 24, 2017

小千谷の旅 ヒマワリ畑(沢山ポケットパーク)

2017年8月15日

怪しい天候であったが、沢山ポケットパークのヒマワリが見頃らしいので、
行ってみた。
山本山の中腹にある沢山ポケットパークは信濃川と越後三山を見渡せる
場所であると同時に、菜の花やヒマワリ畑としても有名である。

沢山ポケットパークには5台分の駐車スペースがあるが、この日は途中の
道路脇にも車の姿が。適当な所に車を止め、ヒマワリ畑へ。斜面を利用
してたくさんのヒマワリが植えられている。ヒマワリ畑の真ん中にも道があり、
斜面を登ったところには小さな展望台も用意されている。
1枚目と2枚目の写真は、この展望台の上から撮影したものだが、2枚目は
台の上に上がり、カメラをつけた一脚を伸ばしたまま頭上に持ち上げて撮影
している。一見、ドローンで撮影したような雰囲気に撮れ、自己満足している。

ところで、「沢山」はどう読むのだろうか?「さわやま」とも読めるし、「たく
さん」とも読める。小千谷市のWebページにも小千谷観光協会のWebページ
にもふりがなは振っていない。「沢山ポケットパーク」で検索すると、「さわや
ま」となっているページも「たくさん」となっているページも出てくる。
小千谷市のパンフレットにはふりがなが振ってある地名もあるが、「沢山」
は振っていない。
地名の場合、同じ漢字でも読み方が異なることは珍しくない。作る側は、当た
り前に読める地名であっても、市外から訪れる人の事を考えると、より丁寧に
ふりがなは振ってほしい。


Imgp7483


Imgp7490


Imgp7687


Imgp7673


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2017

小千谷の旅 郡殿の池

郡殿の池(こおりどののいけ)は、吉谷地区の山奥にある0.7haの池である。
大小の浮島があり、トンボの種類が多いことで有名。
http://www.city.ojiya.niigata.jp/soshiki/shogai/kooridononoike.html

小千谷市街地から県道49号線を池ヶ原方面に走り、吉谷地内入ると標識が見られる。
標識に従って49号線から右に入り、山間の道を走ると駐車場に到着する。駐車場から1分も歩くと池に到着する。


P8148793

Imgp7595

Imgp7571

また、この池にまつわる伝説も残されている。
http://www.ojiyajc.org/densetsu/den_koori.php
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/shinanogawa_info/qamini/minwa/03.html

市・県の指定文化財及び県の自然環境保全地域に指定されている。

久しぶりに訪れたこの日は曇り空の生憎の天候。池には誰一人いなかった。
池の縁や浮島には終わりかけのコオニユリが見られたものの、天候のせいかトンボはあまり見かけることは
なかった。

池の縁の案内看板は昭和54年のものなので、現在もここに書かれているトンボがいるのかどうか、興味
あるところである。
Imgp7619

帰り道、道路の脇に棚田が見えたので、車を止め、見晴らせる場所まであぜ道を少しあるいてみた。そこには、
小規模ながら、綺麗な棚田も広がっていて何となく得をした気分であった。

Imgp7629


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2017

小千谷の旅 外之沢の棚田

2017年8月15日(火)

Tanada2

かつて勤めた学校の同窓会に招かれ、久しぶりに小千谷市を訪れた。
折角の機会なので、当日及び翌日に小千谷市内数か所を巡ってきた。

外之沢(そでのさわ)地区は、その学校の学区だったので、何度か訪れたことは
あったが、きれいな棚田が見られることは知らなかった。

その後、ネット等で棚田のことを知り、一度訪れたいと思っていた場所である。

国道117号線を十日町方面に走り、十日町市に入るすぐ手前で左折し、
県道413号線を岩山方面に向かう。

413号線をしばらく走ると、左側に「棚田」の案内標識がある。小さな標識な
ので見落とさないように気を付けなければならない。(外之沢の集落の中に
入ってしまったら行き過ぎである)
ここから左側の砂利道に入り、更に左折してを少しのぼると、展望広場に到着する。
車数台止められるスペースもあり、棚田を見下ろせるようになっている。
 
棚田を見渡せるのはこの場所だけのようである。

広場には小さな展望台も設置されており、スマホ専用の固定台も取り付けられていた。

P8158830_2

今回は、夏の青々とした棚田であったが、稲が実った秋や、田植え前の
水を張った春などにも再度訪れてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2017 | Main | September 2017 »