« 早春の花を求めて | Main

May 05, 2017

佐渡、アオネバ渓谷登山

好天に恵まれた2017年の連休。念願の佐渡アオネバ渓谷登山に出かけた。

<コース> ※写真を撮りながらなので、かなりゆっくりのペースです。

 アオネバ登山口(9:15) → アオネバ十字路(11:20) → ドンデン山荘(12:00) → 尻立山(12:20) → ドンデン池(12:30) → 県道経由ドンデン山荘(13:40)

アオネバ登山口
 両津港から車でアオネバ登山口に送ってもらう。簡易トイレが設置されている。
   1

 歩き始めてすぐにニリンソウの群落が足下に。ニリンソウに囲まれて登山開始。
5

オオイワカガミもまもなく出現。エンレイソウも道の脇至る所に見られる。標高が上がるにつれ、小型していたのが面白かった。

2_3


4

やがてシラネアオイが登山道の両脇に・・。
3

コゴメ(クサソテツ)に覆われた林も見られる。林床がコゴメ一色というのもなかなか見応えがあった。
6

途中、何度か沢を渡る。石がしっかりと並んでいて、渡るに苦労はしない。
7_2

登山道脇で見かけた植物を少々。
まず、シラネアオイ。登山道の両側にたくさん見られた。時期がちょうど良かったようだ。
8_2

ニリンソウ。今回、一番多く見られた植物。登山道の両側にたくさんの群落が見られた。
9_2

これもたくさん見られた。エゾエンゴサク。
10_2

フクジュソウは数株しか見つけることができなかった。しかし、自生を見るのは初めて。
11_2

これも数株しか見ることができなかった。ニシキゴロモ。なんとなく、人の顔に見えて微笑ましい。
13_2

春の里山ではお馴染みのキクザキイチゲ。
14_2

新緑の中のヤマザクラっも綺麗だった。
12

このほかにも、カタクリ、ミスミソウ(雪割草)、アマナ、ミヤマカタバミ、スミレ数種類、ヒトリシズカ、ミヤマキケマン、ザゼンソウなどを見ることができた。

アオネバの由来である青い粘土層。
14b

アオネバ十字路到着。この先は尾根道となる。
15

アオネバ十字路より約20分。県道に合流。ドンデン山荘まであと1.2km。
16

県道沿いにもカタクリが群生している。佐渡のカタクリは葉に斑が入っていない。斑の入っている葉に見慣れているせいか、なんとなく物足りない気がする。
21

ドンデン山荘で少し休憩し、尻立山へ。ドンデン池が眼下に。
17

斜面を下り、ドンデン池到着。周囲は雪に覆われている。池の畔にはアマナが群生していた。
17b

19

ドンデン池からは尻立山に戻らず、県道を目指す。途中でザゼンソウに遭遇。
20

再び、ドンデン山荘に。山荘前から両津湾を臨む。弥彦と角田も見ることができた。
18

最後に、登山道脇で見ることができたミスミソウ(雪割草)を並べておきます。
Y1

Y2

Y3

Y4

Y5

Y7

Y9

Y10

カタクリとの競演
Y11


|

« 早春の花を求めて | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30395/65239921

Listed below are links to weblogs that reference 佐渡、アオネバ渓谷登山:

« 早春の花を求めて | Main