« 3週連続湿原へ | Main | トウホクサンショウウオの幼生 順調に »

June 12, 2016

ムシトリナデシコ

五泉市の白山登山の帰り道、早出川にかかる橋を通りながら、何気なく川の方を見ると、
何やらピンク一面の箇所が。

橋を過ぎて車を止め、橋の上に戻ってみると、ピンク色の正体はムシトリナデシコの群落。

あまりにも見事なので、河原におり、写真を撮ってきた。

ムシトリナデシコは茎の上部がベタベタしており、そこからムシトリナデシコという名前が
ついた植物であるが、別に食虫植物という訳ではない。

江戸時代に観賞用として持ち込まれた帰化植物ということである。

Dscf7345


Dscf7339


Dscf7337


P6110703


|

« 3週連続湿原へ | Main | トウホクサンショウウオの幼生 順調に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30395/63766730

Listed below are links to weblogs that reference ムシトリナデシコ:

« 3週連続湿原へ | Main | トウホクサンショウウオの幼生 順調に »