« 紅葉とサル | Main | 赤谷探訪(紅葉編) »

November 02, 2014

赤谷探訪(鉱石研修編)

 サークルの研修で新発田市にある赤谷鉱山跡を訪ねました。赤谷鉱山は石灰岩などの
鉱床に、陥入してきた花こう岩質のマグマが接触し、できたスカルン鉱床ということであり、
様々な鉱物が産出するのだそうです。

 赤谷鉱山は1900年頃から稼働し、最初は銅鉱山、次は鉄鉱山、最後は石灰鉱山として
採掘を行ってきました。
現在は建物も取り壊され、鉱石運搬につかわれたトロッコが通った線路の跡がところどこ
ろで見られるだけとなって
います。

 今回の研修は、採掘の際にでた廃石(ズリ)を拾いながら鏡鉄鉱や黄鉄鉱を探しました。
また、道路脇の花こう岩の隙間に見られる水晶も見学してきました。

Dscf5133
道路脇の花こう岩の隙間を調べるH氏。

Dscf5142
上の写真の場所に見られた水晶。

Dscf5150b_2
Dscf5148b
水晶だらけの岩石片も見つかりました。

水晶を探した跡は、選鉱場跡の近くのズリで鏡鉄鉱や黄鉄鉱を探しました。
また、石灰石や流紋岩も採集することができました。

Imgp2845b
黄鉄鉱
Imgp2851b
これも黄鉄鉱

Imgp2854
鏡鉄鉱  日が差すとキラキラと輝き、簡単に見つけられました。しかし、日が
       陰ると途端に目立たなくなってしまいました。

Imgp2856
流紋岩

これらの場所は、これまでも何回も車で通り過ぎていた場所ですが、鉱物に
関する知識がないため、目を向けたことのない場所でした。新鮮な驚きに満ちた
有意義な2時間でした。

「赤谷鉱山」で検索すると、様々な情報が得られます。


|

« 紅葉とサル | Main | 赤谷探訪(紅葉編) »

Comments

私が大学生のころは鉱山のボタ山があって鉱物がたくさん転がっていたんだけど、今なら大事に持ち帰ったんですけどね。ボタ山はきれいに片づけられてしまいました。

Posted by: 漁労長 | November 06, 2014 at 08:46 PM

漁労長さん、どうもです。
「今になってみれば・・・」ってのは結構ありますね。
この場所もその一つでした。

Posted by: zaka | November 06, 2014 at 09:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30395/60585305

Listed below are links to weblogs that reference 赤谷探訪(鉱石研修編):

« 紅葉とサル | Main | 赤谷探訪(紅葉編) »