« 水族館・植物園 覚え書き | Main | 日本海に現れた2人の巨人(のような雲) »

August 16, 2014

福島潟のオニバス

朝から雨模様であったため、新潟市のビュー福島にSSP展を見に行ってきた。
 そのまま帰るつもりであったが、ちょうどオニバスの花の時期。雨では開花する花が少
ない事はわかっていたが、折角なので、見に行くことにした。

 予想通り、花も人も少なかったが、なぜか車の中に長靴も傘もあったことから、少しだけ
写真を撮ってきた。

 オニバスはスイレン科の一年草で、大きいもので約2mという、日本の水生植物の中で
一番大きな葉(約2m)をつける植物である。福島潟が北限の自生地。
 葉柄や種子は食用にもなるとのことである。

Dscf4485
オニバスが自生している池。きれいに管理されている。

Dscf4499

Dscf4469

Dscf4482
オニバスの花。葉をつきやぶって咲いている花も多く見られる。
葉の表面にするどいトゲがある。

Dscf4486
葉の裏。この葉で直径90cm位である。

|

« 水族館・植物園 覚え書き | Main | 日本海に現れた2人の巨人(のような雲) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30395/60160304

Listed below are links to weblogs that reference 福島潟のオニバス:

« 水族館・植物園 覚え書き | Main | 日本海に現れた2人の巨人(のような雲) »