« May 2013 | Main | July 2013 »

June 23, 2013

あやめ園+五十公野 散策

今日は天気も良く、午前中は特に用が入っていなかったため、早朝にあやめ園へ行ってきた。
入り口の表示では6分咲きとなっていた。調べてみると、昨年は6月24日にあやめ園を訪れて
おり、この時は3~4分咲きだったので、今年の方が良かったようだ。

休日+用がない+天気が良い日はめったにないので、今日は運も味方してくれた。

 あやめ園は早朝から撮影目的の来園者が多く見られた。あまりにもたくさんの品種があったが、
1時間ほど散策しながら、なんとなく気に入った品種をいくつか撮影。

Dscf0554

Dscf0531

Dscf0533

Dscf0538

Dscf0592

Imgp1285

 その後、山の中の遊歩道を散策。昨年と同じ場所でミドリシジミに遭遇。
Imgp1328b

 しばらく撮影後、帰ろうとしたら足下にオジロアシナガゾウムシ発見。この仲間は危険を
感じると、落下して死んだふりをする習性があるのだが、今回見付けたゾウムシ君は茎に
必死にしがみついたまま死んだふりをしていた。こちらも死んだふりをして撮影。しかし、
ゾウムシ君は恥ずかしかったらしく、よく見ると、最初は顔をあげていたが、次第に茎の反対側に
顔を隠すようになっていた。
 
Dscf0647b

Imgp1344b

帰路についたのが午前9時近く。駐車場は結構混み始めていたが、自転車の私には影響
なく、約2時間半の散策を終えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2013

ハコネサンショウウオ(幼生)

春先から、「今年こそはハコネサンショウウオを見に行きたい」と思っていた。
車で20分程度の場所なのだが、10年近く前に偶然見付けて以来、足が遠のいていた。
 ということで、少し時間がとれたので、ピンポイントでその場所へ出かけて見た。

当時は、道路から簡単に沢に降りられたが、すっかり草で覆われ、降りる道は全く
なくなっていた。草をかき分け、何とか沢へ。
Dscf0464_2

カメラを濡れないところにおいて、捜索開始。
石をめくりながら探すこと30秒(早!)。ハコネサンショウウオの幼生発見。
この面構えが何とも言えない。
Dscf0461b_2

爪と外鰓が見える。左後ろ足は無くなっていた。
P6160156b_2

その後、あちこち石をめくってみたが、結局見付けたのはこの1匹だけ。

ハコネサンショウウオはサンショウウオの中で唯一肺をもたない種で、幼生が
変態するまで2年半ほどかかるなど、変わった種である。飼育も簡単ではなさそう
である。
成体にお目にかかったことがないので、改めて探しに来てみたい。(いつのことやら)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2013

小さな庭の大きな世界

我が家の小さな庭ですが、生き物にとっては大きさ世界でしょうね。
庭に植えてある植物や出会った生き物たちです。

ラベンダー  この品種は早く咲く。においがイマイチ。
Dscf0433

マイマイ   何マイマイかはわからない。オナジマイマイかなぁ?
Dscf0427

アゲハ   ミカンの葉でみつけた。昨年は放置していたため、ミカンが瀕死の
       状態になってしまった。今年はどうしようかなぁ。
Dscf0415
拡大すると確かに幼虫ですよね。
Dscf0415b

ブルーベリー   順調に実が成長中。今年は豊作
Dscf0422


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年のハッチョウトンボ 5月26日

ふと思いつき、調べてみたら、平成9年6月21日以来ハッチョウトンボを見に
行っていなかった。ということで、今回の行き先はハッチョウトンボのいる池へ。
5月に行くのは初めてなので、まだ早いかなと思ったが、無事再会。
 ただし、オスの成熟した個体は見られなかった。

メス
Imgp1143

オス(未成熟)
Imgp1195

Imgp1225

こんな場所です。
Dscf0333


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2013

オオイトトンボの潜水産卵

オオイトトンボが潜水産卵をすることは知っていたし、見たことも
あったが、オスまで潜る場面を間近で見たのは初めてだった。
                         5月26日撮影

普通に見かける産卵
Dscf0378b

メスがだんだん潜水していく
Dscf0399b

メスは完全に水中に
Dscf0401b

ついにオスまで水中に
Dscf0409b

この後、ふつーに飛んでいった・・・・。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2013

爬虫類2題

この土日にやらなければならなかった書き物が午前中に目処がついた。
天気が良かったので、車で20分ほどの所にある、ハッチョウトンボが見られる池に
出かけて見た。

ハッチョウトンボも無事再会でき、その他にも数種類のトンボを見ることができた。

時間は短かったが、おもしろい場面に出会うこともでき、楽しい一時となった。

遭遇1 シマヘビ
 シマヘビを見かけることは別に珍しくない。今日も2度見かけている。
ただ、この写真のヘビ君は、トンボの写真を撮ろうとしゃがんでいる横にヘビの方から
出てきたものである。その距離50cmほど。こんなに近くからカメラを向けることができ
たのは初めてである。
Dscf0392b

遭遇2 カナヘビ
 こちらも別に珍しい生き物ではないが、今回のカナヘビ君は葉に乗っていたため、
横から見ることができた。しかも、これまたトンボを狙っていた私の横に現れたため、
至近距離から結構ゆっくりとカメラを向けることができた。
 撮影の時は気がつかなかったが、黒いダニと思われるものが2匹くっついている。
上のヘビ君にも赤いダニがくっついている。
Imgp1249b

トンボ君は後日・・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »