« June 2008 | Main | August 2008 »

July 30, 2008

フクラスズメの幼虫

Hukurasuzume

 道ばたの草の裏に赤い色をしたガの幼虫を発見した。初めて見る幼虫だったので、
写真を撮ろうとすると、突然上体を反らし、盛んに体を左右にゆすり始めた。どうやら
威嚇しているらしい。家に帰って名前を調べると、フクラスズメの幼虫であることが
わかった。
 この幼虫が食べていた草はカラムシと思われる。近くにいくつかのオトシブミの揺卵も
見られたが、カラムシに揺卵をつくるのだからヒメクロオトシブミの揺卵だろう。しかし、
残念ながら成虫を見つけることはできなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2008

ミヤマカワトンボ

Photo

カジカガエルを撮影した川で、数匹のミヤマカワトンボも見ることができた。
このトンボも久しぶりである。今回は川の中に入っていたので、比較的
楽に撮影ができた。オスとメスが同じ石の上に止まっていたので一緒に
撮影することができた。1枚の写真にオスとメスを一緒に撮ることができた
のは初めてだったのでちょっとうれしくなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2008

オオイトトンボ

Photo

Photo_2

 イトトンボの仲間は好きであるが、私の腕では撮影しにくいのが難点である。
体が細いため、ピントを合わせにくいし、水面近くにいることが多いのでなかなか
うまく近寄れない。
 デジカメなので、下手な鉄砲方式で大量に撮影できるので気楽に撮影できる
ようになった。かつてスライドフィルムで撮影した頃は、現像してみないとうまく
写っているかわからなかったし、お金も無いので下手な鉄砲方式も気が引けた。

 久しぶりにイトトンボを撮影したが、こういった被写体を撮影するとデジタル1眼
+マクロレンズが欲しくなって困ってしまう。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2008

鳴くカジカガエル

 以前、カジカガエルの写真を紹介した。その際に、鳴き声を録音してくることを忘れてしまい、後悔していた。 そこで、出かけたついでに本日再度現地を訪れてみた。前回ほど姿も見あたらず、鳴き声もしなかったが、 それでも数匹見つけることができたので、鳴く姿の動画撮影を試みることにした。  まず、確実に鳴いているカエルを探し、その後、鳴くまで待つ事にした。挑戦開始から1時間ほどたち、ようやく 確実に鳴いていたカエルを見つけることができ、待つこと十数分。見事撮影に成功した。手持ち撮影なので、画 面がゆれうごくことと、カエルの手前の草が気になるのだが、贅沢は言わないことにしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2008

はい、先生!!

Dscf2534b

 カエデの木の上でゴマダラカミキリが一生懸命、手をあげていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2008

なぜかカエルが

Dscf2524b

 庭にカメを埋めてスイレンを育てている。先日まで金魚もいたのだが、
暑さのためか、数日前に死んでしまった。
 そのカメになぜかトノサマガエルが住み着いている。気づいたのは
今日なのだが、いつから居着いているのかは知らない。
 それ以上に疑問なのはどこからやってきたのかだ。数日前の雨の
夜にでもやってきたのだろうが、このカメにたどりつくとは、よほど運
がよかったとしかいえない。
 しばらくそのままにしておくつもりだが、また雨の日にでもどこかに
行ってしまうのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

カジカガエル

Photo

Photo_2

 天気が良かったので娘の運転練習を兼ねて、車で1時間ほどの森林公園に
出かけた。
 それほど広い公園ではないが、川が流れておりその脇にはキャンプ場が併設
されていた。日曜日なので数組の家族連れが川で遊んだり、テントを張ってい
たりしていた。
 川の中からカジカガエルの鳴き声がするので、近づいてみるとあちこちの石の
上にカエルの姿が見える。近づいてもあまり逃げようとしない。これはチャンスと
何枚か撮影した。川の中にはオタマジャクシの姿もたくさん見られた。それにして
も、いつ聞いてもカエルとは思えないきれいな鳴き声であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2008

セマダラコガネ

Dscf2453b

 庭の水まきをしていたときのこと。足下を小さな虫が数匹飛び回っている。
しばらく眺めていると、1か所に降り立ち、必死で同じ穴をめがけて潜り込もうと
している。虫はセマダラコガネ。別に珍しい虫ではないが、このような行動を見た
ことはない。不思議に思いつつ写真を撮影した。
 何枚か撮影したところで、もしかしたらと思い、虫をどけてみると、穴の中にも
1匹のセマダラコガネが。どうやら穴の中にいたメスを数匹のオスが奪い合って
いたようである。じゃましてゴメンナサイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラベンダー花盛り

Dscf2450b

 特に深いわけもなく、ラベンダーを育て始めて数年たつ。ちゃんとしている鉢は
値もはるので、シーズン終わりの捨て値品を買ったり、種から育てたり挿し木を
したりしたラベンダー数種がなんとか咲き始めた。
 家の玄関や部屋、トイレなど至る所に切り花やラベンダースティック、ドライフラ
ワー等がおいてあり、ラベンダーの香りに囲まれている。鎮静作用があるとされる
この香りのおかげで、やらなければならない仕事があるにも係わらず、毎日眠りの
世界に誘われている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »